白金小地域防災会 防災訓練参加

2017年1月22日(日)どんぐり公園で、白金小地域防災会主催「防災訓練」に三光第八町会として参加しました。
今回は、地域で火災が発生した場合、住民自身が初期消火を行う事を想定して、区より防災備品として支給されている消火機器の取り扱いを参加者に体験していただく、という内容でした。
当日は、高輪消防署のご協力で、三光第八町会はじめ10町会、白金台いきいきプラザ、港区高輪地区総合支所、高輪消防団第二分団が参加、約100名(内、当町会参加者13名)で実施しました。
白金小地域防災会では、年に数回防災訓練を実施しています。防災意識を高めるため、いざという時に行動ができるよう、多数の会員の参加をお願いします。

スタンドパイプの実地訓練の様子

スタンドパイプは道路に設置されている消火栓に直結して、初期消火に使用します。

D級消火ポンプの消火訓練

D級消火ポンプは、エンジンで駆動し、消火栓、消防水槽等の水を利用して、初期消火に使用します。

三光第八町会では、どんぐり公園の防災倉庫にスタンドパイプ、D級消火ポンプをそれぞれ1台設置してあります。

仮設トイレ設置

ホームページ会員お申込

本ホームページでは町会会員及び町会関係者に、以下のサービスを提供する予定です。
サービス提供開始時期は3月頃となりますが、申し込みは可能です。
  • メールニュースの送付を行います。
    会議案内、イベント案内の他、災害時の緊急なお知らせ等の情報をお届けします。
  • 会員のみアクセス可能な情報を提供しています。
    イベントの写真など、会員以外は閲覧できない情報等を提供します。
  • ホームページ会員のお申し込みを頂いた場合、役員により実在性等の確認を行った上、ID、パスワードを発行します。